今回は「武装神姫パーティオ」で色々撮影していきます!


20211026_154820
20211026_145949



武装神姫はコナミから販売されてた「完成済みフィギュア」で、原型師はメガミデバイスでお馴染み「浅井真紀」です!

当時は「MMS素体」を使用しており、メガミデバイスには「マシニーカ素体」と似通った点も多く見受けられます。( ・`ω・´)


詳しくはウィキペディア↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%A3%85%E7%A5%9E%E5%A7%AB


デザインは「デスクトップアーミー」でお馴染みの「BLADE」さんが担当してます!✌️( ・`ω・´)

20211026_154542





付属品は

・武装パーツ一式

・背部ジョイント2セット

・拡張ジョイントパーツセット

・手首パーツ5種類が両手分

・専用台座1個

20211026_150323


パーティオは「ライトアーマーシリーズ」言われ、武装がコンパクトに収まってるので少なめとなってます。

20211026_151222


パーティオは小柄な「3rdボディ」が採用されてるので、メガミデバイスと比べると小柄となってます。

20211026_151332


同じく小柄なボディな「シタラちゃん」とは同じぐらいです。


武装神姫は、前から「可動域最強」と言われています。


なので、メガミデバイスと「可動域比べ」してみます!

20211026_154323
20211026_154412



原型師が同じくなので、だいたいの可動域は同じぐらいです。( ・`ω・´)


一番の違いは「股関節の引き出し関節」です!

20211026_160107


これにより「スネパーツが顔に当たる」まで前屈をする事ができます。(; ・`ω・´)

20211026_153933
20211026_153855



2007年頃から発売されて、原稿フィギュア以上の可動域を誇る「武装神姫」は化物ですね。(; ・`ω・´)


20211026_155236


武装神姫ジョイントは「3.3mm軸」と独自規格なので、メガミデバイスと互換性は難しいです。( ;´・ω・`)

20211026_155329



発売されてから年数も経ってるのでウチのパーティオは、あちこち傷んでます。( ;´・ω・`)


20211026_154636
20211026_154642




ここから、武装取り付けを行っていきます!

取り外せる箇所は以下の通り↓

20211026_151452
20211026_151542


胸部パーツは「樹脂製」となってるので、広げて被せる方式です。

20211026_151634
20211026_151652


胸部パーツも「武装」「非武装」の2種類あります。


↓は「非武装パーツ」
20211026_151727


腕の武装は、手首パーツを交換して取り付けます!

20211026_151811
20211026_151843


ブレードも展開可能です。

20211026_151852


足パーツは「スネ」に取り付ける独自規格となってます。

20211026_151916


しっぽパーツは、メガミデバイスでもお馴染みの「腰辺り」となってます。

20211026_152010


全身取り付けた状態がこちら↓

20211026_152104
20211026_152208
20211026_152321
20211026_152416


サポートメカに「プチマスィーン」が付属

20211026_152513




「非武装モード」で取り付けできる武装は「魚の骨」と「ブレードトンファー」!
20211026_152816
20211026_152904
20211026_152923



お次は「拡張ジョイントパーツ」

20211026_153355


背部ジョイントは2種類あり「別売りの武装神姫」のパーツ取り付けに使用できます!( ・`ω・´)

20211026_153307
20211026_153252


リングジョイントは「肩・手首・太もも」に取り付けできます!

20211026_153153



台座パーツは「シンプルタイプ」で軸の長さをバラして長さ調整できます。

20211026_153524
20211026_153459
20211026_153552



最後に紹介するのは「武装神姫バトルロンド」です。

20211026_154757



当時、武装神姫を購入すると付属してた「シリアルコード」を入力すると、オンラインゲーム上で「同じ神姫が使用できる」と言うゲームです!


バトル形式は「装備と作戦」設定したら、バトルはオートで展開される「艦これ」と同じお祈り形式でした。(;・∀・)


他にもディスプレイモードの撮影は、アクセサリーでおめかしなど「武装神姫と過ごす生活」を追体験できると言う、当時は衝撃的なゲームだったのです。


画像や動画は保存できて無いので「武装神姫バトルロンド」で検索すれば、色々でてくるかもしれません。
(; ・`ω・´)

20211026_164801



如何だったでしょうか?


ブログで紹介しとあてアレですが、武装神姫は現在中古しか存在せず入手困難です。( ;´・ω・`)



武装神姫「メガミデバイスで復活」をさせる動きがあり、「武装神姫エーデルワイス」が発売されてます。


images (2)



情報は小出しですが「武装神姫✕メガミデバイス」の企画は進行しています。
images (3)
images (7)



噂では「こだわり過ぎて開発が遅れてる」らしいので、気長に待ちましょう。(; ・`ω・´)


今回のブログはここまで!

お付き合いありがとうございました!!
( ・`ω・´)



noyaのTwitter

https://twitter.com/souhan0083?s=09

YouTubeチャンネル

https://youtube.com/channel/UC-22v8gU0McQoheoF3Unb-g

pixiv

https://www.pixiv.net/users/608936