ちょいたしプラモ日記

主にプラモ系投稿のブログです! 予約機能を使いこなせないので、投稿時間はバラバラです。(; ・`ω・´)

2021年07月

コトブキヤの愛らしいメカ「tamotu」で遊ぼう!

今回は、愛らしい見た目の「tamotu」で遊んでいきたいと思います。

20210731_123908


まず「tamotu」とは何ぞや?と思われる方へ簡単説明。


「tamotu」は、造形作家 MiZ(水野功貴)氏が作られた「2060年代に活躍するメンテナンスロボット」と言う世界観で展開されるマルットイズ・シリーズのロボットです。


見た目は単純ですが、かなり可動が良く頑丈に出来てるのでかなり遊べます
20210731_123925

首は1回転できます。


20210731_124040

4つの車輪は引き出して、足にする事も可能。

20210731_135434

背中についてるアームは関節が多めになってので、かなり自由が効きます。


早速手持ちのプラモと合わせて遊んでいきます。


まずはデスクトップアーミーから。

愛らしい見た目同士、相性はピッタリです👍
20210731_124421
20210731_124742


お次はメガミデバイス。

バランス差がtamotuの愛らしさを強調します。
20210731_125015


tamotuの表面は丸く滑るので、乗せる際は支えを使いましょう。
20210731_125705


2人乗りも出来ます。
20210731_125401


エフェクトパーツがあれば、走ってる様子にも!
20210731_130740


お次はスナイパーと組み合わせてサポートメカ風を演出。

戦場にも愛らしさが出てきます
20210731_131507
20210731_132207


お次ははラプターに付属のミミズクと合わせてみます。

マスコット同士の並びも愛らしいです
20210731_132445
20210731_132610



最後はド迫力な「ギガンティックアームズ」と合体させて、戦うtamotuを演出します。
20210731_133223
20210731_133924



如何だったでしょうか?


パッと思い付く限り写真を撮りましたが、tamotuは全身ジョイント(3mm穴)が豊富なので無限に遊ぶことが出来ます。


そのままでも充分に愛らしいので、一家に1体tamotuは癒しになると思います( ・`ω・´)


今回のブログはここまで!


お付き合いありがとうございました!


noyaのTwitter

https://twitter.com/souhan0083?s=09

YouTubeチャンネル

https://youtube.com/channel/UC-22v8gU0McQoheoF3Unb-g

pixiv

https://www.pixiv.net/users/608936

簡単工作「アイス棒のシーソー」

今回はアイスの棒再利用シーソーを作ります!


まず、棒を用意する為にアイスを2本食べましょう(笑)
20210730_222343


用意するもの

・アイス棒2本
・筒上の小物なら何でも
・ガムテープ

20210730_225833


まずアイス棒をガムテープで横並びで固定します。
20210730_230009



あとは筒上の小物に貼り付けます。
20210730_230130



早くも完成です!簡単でしょう?
20210730_230218


さっそく遊んでる感じに撮影します
20210730_230347
20210730_230633



如何だったでしょうか?


今回のシーソーは小さめですが、材料を変えれば大きめのシーソーも作ることが出来ます( ・`ω・´)


今回のブログはここまで!


お付き合いありがとうございました!!


noyaのTwitter

https://twitter.com/souhan0083?s=09

YouTubeチャンネル

https://youtube.com/channel/UC-22v8gU0McQoheoF3Unb-g

pixiv

https://www.pixiv.net/users/608936

息抜き「発掘恐竜」に挑む!

糖分補充がてら「発掘恐竜」で型抜きに挑戦します!

20210729_212023


恐竜ごとに難易度が決まってる様ですね。

息抜きなので簡単な恐竜でやりたいものです。(ノ・∀・)ノ
20210729_212107



出たのは最高難易度の「ブラキオサウルス」!!

いきなりハードモードですが、やってきましょう!
(;・∀・)
20210729_212151



削ったチョコで汚さないように、つまようじ&大きめなお皿を用意。

いざ発掘!!
20210729_212403


まずは角から少しづつ削っていきましょう。
20210729_212429
20210729_212449
20210729_212652


途中で、つまようじ1号がリタイア、、、

雲行きが不安ですが、続けましょう。(;・ω・)
20210729_212942


何とか外側は削り終わりました。

ここからが本番!

内側を削りましょう。
20210729_213237



ここで加減失敗して、尻尾が破損しました、、、


ここで終わるのもあれなんで続行します。(; ・`ω・´)
20210729_213414



尻尾以外は問題無く来れました。

あとは細かい箇所を削ります
1627563493619



削り終わりました!

息抜きのつもりが、結構熱中しました
(チョコは美味しく頂きました)
20210729_214208



今回のブログはここまで!


お付き合いありがとうございました!!


noyaのTwitter

https://twitter.com/souhan0083?s=09

YouTubeチャンネル

https://youtube.com/channel/UC-22v8gU0McQoheoF3Unb-g

pixiv

https://www.pixiv.net/users/608936

シタラちゃん【天機】デカール貼ってみた「その2」

前回に引き続き、シタラちゃんのデカール武装形体を仕上げていきます!


前回のブログはこちらから。
https://noya00037.livedoor.blog/archives/10752706.html
Screenshot_20210729-011632_Chrome


今回の作業箇所はこちら。

頭部のリボン状パーツ、腕周り、ライフルとなってます。
20210728_203315


武装形体は破損しやすいパーツが多いので、今回はバラした方が作業しやすいです。
20210728_204316
20210728_204054
20210728_203639


前回の続きなので作業説明は割愛。
(詳しくは上にある前回のブログより)

ガンガン貼っていきます
20210728_205730


腕のアーマーは、バラすと向きが分かりづらいので説明書で確認しましょう。
20210728_210207
20210728_210350


貼り終わったデカールからマークフィットを塗って乾燥させましょう。(乾燥するまで、安全な場所に置くこと!!)
20210728_210533
20210728_210707


次のはリボン状パーツにデカールを貼ります。

デカールが密集してるので、素手で作業すると指に張り付いたり大変なので一工夫します。(; ・`ω・´)
20210728_203315~2



割りばし&クリップを用意し、鯉のぼり風に組み合わせます。

20210728_211034


これでパーツを挟めば、デカールが指に貼り付きづらくなります。
20210728_211152


内側のラインは目印になるものが無いので、説明書見ながら等間隔に貼ります。
20210728_211652



これを計4箇所に貼ればOKです。

貼ってる最中に位置や、貼った他のデカールがズレない様に気を遣うので、今回一番の難所でした、、、
(;・∀・)
20210728_213728
20210728_213732


マークフィットを塗ると破損しやすくなるので、乾燥しても気が抜けません。(そこも辛かったポイント)
20210728_213750


最後はライフルを貼って終了です。
20210728_203315~3


このデカールですが、凹みに対して収まらないので少しづつ位置調節していきます。
20210728_214433
20210728_214437


位置が決まったらマークフィットを塗り、柔らかくなった所を少しづつ調節します。(破損しやすくなってるので、優しく作業しましょう。)
20210728_214453


隅っこの浮いてるデカールはピンセットなどで、トントンと優しく押し込んでいきます。
20210728_215316


側面のロゴは簡単に貼れますが、指に貼り付いて失くしかけたので油断は出来ません。
20210728_215930


最後のパーツを貼り終えたらライフルは終了です。

このパーツの目印は、パーツ裏側の窪みを見て調節します。
20210728_215547


仕上げのトップコートする前に、吹き付けたくない箇所はセロテープorマスキングテープで保護します。
20210728_221955


割りばし&クリップも駆使して、トップコートで仕上げれば完成です!!
20210728_222712


完成したのがこちら!
20210729_011132


デカール前のパーツと比べてみましょう!
20210728_204928
20210729_011200
20210728_204940
20210729_011216
20210728_204958
20210729_011252


最後に完全武装形体!!
20210729_011508


如何だったでしょうか?

頭部のリボン状パーツが目立つ様になったので、見栄えが良くなったと思います


ただ、デカール量は少なめでしたが、細かい作業が多かったので予想以上に苦労しました。(;・∀・)

シタラちゃんのデカールは、他のキットで練習してからの方がオススメです!


今回のブログはここまで!

お付き合いありがとうございました!!


noyaのTwitter

https://twitter.com/souhan0083?s=09

YouTubeチャンネル

https://youtube.com/channel/UC-22v8gU0McQoheoF3Unb-g

pixiv

https://www.pixiv.net/users/608936

シタラちゃん【天機】デカール貼ってみた「その1」

今回は兼志谷シタラちゃん【天機】のデカール貼ってみました

シタラちゃんこと「アリスギアアイギス」コラボのメガミデバイスは大型キットな事が多いです(以下、参考画像)
20210727_162745



そして付属のデカールがこちら。

本体のボリュームに比べて控えめなので、サクッと貼りましょう。
20210727_162551


今回の道具
・デザインナイフ
・カッターマット(100円)
・ピンセット
・セロテープ
・トップコート(半光沢)
・好みのマークセッターなど(デカール軟化用)
20210727_213658



全部やると長くなるので、今回は以下の部分だけ貼ります。
20210727_183219


まずは作業しやすい様に付属のスタンドにセットします。
20210727_183326


まず貼りたいデカールを切り取り、水に浸します。
20210727_183841
20210727_183858


浸すデカールを増やすと誤って別の場所に貼り付き、行方不明になるので少しずつ作業しましょう(;・∀・)


あとはピンセットで貼りたい箇所にスライドさせて貼ります。付着してる水分はティッシュ、綿棒などで軽く当てて水気を取ります。
20210727_184146
20210727_184513


大きめのデカールは歪んだり、シワになりやすいので焦らず位置を調節しましょう。

調節中に乾きだしたら、水分を足せばやり直せます。
1627390140559
1627390141752
1627390142786


片側のデカール貼り終えたので、マークセッターなど(軟化剤)を塗って吸着力をアップさせます。

※画像の「マークフィット(オーバーハード)」慣れた人向きで、吸着力が大幅に上がるかわりに、デカールは非常に破けやすくなるので触らない様に注意!!
20210727_185558


マークセッター類を塗ったパーツは、デカールの破損を防ぐ為に安全な場所に移しましょう。
20210727_190222



残った片側も同じ方法で貼っていきます!
20210727_191003



一通り貼り終えたらトップコートを吹いて、デカールを保護します。
20210727_191146



トップコートを吹き付けたくない箇所は、セロテープやマスキングテープを貼りましょう。
20210727_195441



トップコートを吹き付ける際は、屋外など換気をしっかり行って下さい。
20210727_195818



トップコートも乾き、完成したのがこちら!
20210727_204327
20210727_204212


デカール貼る前の写真がこちら。
20201008_135052



以下だったでしょうか?

特に太もも周りが賑やかになりました( ・`ω・´)


今回は非武装状態だけ貼りましたが、近いうちに武装形体もデカール貼る予定です!

20210727_183232



今回のブログはここまで!


お付き合いありがとうございました!!

noyaのTwitter

https://twitter.com/souhan0083?s=09

YouTubeチャンネル

https://youtube.com/channel/UC-22v8gU0McQoheoF3Unb-g

pixiv

https://www.pixiv.net/users/608936

ハッピーセットの「ウォータースライダー」で遊んでみる。

母親がハッピーセットのオモチャを持ってきたので遊んでみます!

その名も「おさるのジョージ・ウォータースライダー」
20210726_180800
20210726_180820


実際に水を流して遊べるオモチャとなってます。

小学生頃の自分なら部屋を水浸しにしてたでしょう、、、
(;・∀・)

ジョージは三角ドライバーで無いと外せない仕様。

子供が誤って分解しない為の工夫かも知れません。
20210726_180838


実際に水を流さないと遊べないオモチャなので、洗面台やお風呂場で遊ぶのが良いでしょう


ここからは、自分のプラモでウォータースライダーで遊んでる感じの写真を撮影して遊びます( ・`ω・´)
20210726_180923
20210726_181118
20210726_181252
20210726_181334
20210726_181433
20210726_182055


かなり夏らしい写真が撮れたと思います

色合いも綺麗なので個人的には気に入りました
( ・`ω・´)


今回のブログはここまで!

お付き合いありがとうございました!!


noyaのTwitter

https://twitter.com/souhan0083?s=09

YouTubeチャンネル

https://youtube.com/channel/UC-22v8gU0McQoheoF3Unb-g

pixiv

https://www.pixiv.net/users/608936

公式ガレージキット008ラプターセットを組んでみた!

今回は公式ガレージキット008ラプターセットを組んでみました!

20210724_153308


用意したもの

・ニッパー
・ペンチ(100円)
・ピンセット
・接着剤
・デザインナイフ
・カッターマット(100円)
・真鍮線0.8mm(しんちゅうせん)
・ドリル1.0mm

20210724_153859
20210724_173215


ガレージキットを購入したら、必ずパーツが揃ってるか確認しましょう!
20210724_153450

20210724_153520


パーツの確認が終わったらガレージキットは必ず洗浄しましょう。

ガレージキットの多くは型から剥がす為に離型剤(りけいざい)が使われています。

離型剤(りけいざい)が残っていると、パーツがベタつきが残ってたり、塗装する時に塗料を弾いてしまうので中性洗剤&ブラッシングしましょう!
20210724_142850



早速、頭部パーツから組んでいきます!

ガレージキットは削り安い事もあり、削り過ぎに注意して下さい
20210724_160855
注意しながら余計な部分を切り落としていきます。
20210724_154152
20210724_154708


猫耳パーツは耳内側の凸部分を切り過ぎと、接着し辛くなるので説明書を見ながら注意しましょう。
20210724_160855
20210724_155717

髪型も形が合わない時がありますが、今回は問題なく噛み合いました。
20210724_155847


ヒップパーツは説明書通りに接着するだけ!

両側の白いパーツを、気持ち外側に接着するとパーツ交換の際に無理なく交換出来ます!
20210724_160858
20210724_162436


胸部は細かいパーツが多いので紛失注意です。

実際に何度か失くしかけました(;・∀・)
20210724_160907


最初の難関は下側のヒモ部分。

無理すると破損するので、ハマる形が見つかるまで我慢しましょう、、、
20210724_161705


次は上側のホルター部分。

凹みでパーツの向きを見つつ、先端が尖ってる方を上側に接着します。
20210724_162144


最後にアクセサリー?部分を胸元に接着すれば完成です!
20210724_162419


最後は猫耳を取り付けます。

接着すればOKですが、より強固に接着したいので真鍮線(しんちゅうせん)で補強します!

好みの取り付け位置を見つけたら、シャーペンなど消せる印を付けます。
20210724_163154


印を付けたら、間にドリルで穴開けします。

やり過ぎると貫通してパーツの破損に繋がるので、注意しながら穴開けしましょう(; ・`ω・´)
20210724_163051


今度は猫耳側に穴開けするために印を付けます。

先ほど穴開けした箇所に、短く切ったシャーペンの芯を刺します。
20210724_163412

取り付けたい位置で猫耳パーツを押し当て、シャーペンの芯に当たる様にグリグリして下さい。
20210724_163423

すると猫耳パーツの裏側に穴開け用の印が付きます!
1627116151488


あとは猫耳パーツに真鍮線を接着し、固まったらペンチで短く切ります。

ニッパーで切れる硬さじゃないので、必ずペンチを使いましょう(; ・`ω・´)
20210724_164209
20210724_164226


あとは接着するだけです!

もう片方の猫耳も同じ方法で取り付けましょう!
20210724_164239
20210724_164250


完成しました!
20210724_171204
20210724_171523
20210724_171830
20210724_173124


如何だったでしょうか?

細かいパーツが多いキットなので、人によっては紛失や、ストレスを感じ事が多いキットだと感じました。
(; ・`ω・´)


ですが、完成した時の達成感や、可愛いさを約束してくらるキットだと思います!!( ・`ω・´)👍



YouTubeで組んだ様子も上げてます。

気になった方は是非
地声入り

動画はこちらから
https://youtu.be/zraLM8p8c7c

無題64



「ガレージキットUV対策」↓
https://tyoitsi-puramo.com/archives/11501031.html
Screenshot_20220207-105250_Chrome




今回のブログはここまで!


お付き合いありがとうございました♪


noyaのTwitter

https://twitter.com/souhan0083?s=09

YouTubeチャンネル

https://youtube.com/channel/UC-22v8gU0McQoheoF3Unb-g

pixiv

https://www.pixiv.net/users/608936

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで